ローンが残っている車って売れるの?

ローンが残っている車って売れるの?

新生活のために車が必要なくなった場合や、家族が増えて車を乗り換えたい時、ローンが残っていても売れるのでしょうか?

ローンが残っていても愛車は売れる!?見分け方とは?

ローンが残っていて車を売りたい時に重要なポイントは、車の名義は誰かということです。

自動車検査証(車検証)に「所有者の氏名または名称」の欄があり、自動車検査証(車検証)には「所有者」と「使用者」が記載されています。

所有者の欄に自分の名前が記載されている場合は問題ないのですが、自分の名前ではない場合は注意が必要です。

家族名義の場合

 所有者になっている家族の同意があれば問題ありません。しかし、ローン会社によってはローンが残っている状態での売却を禁止している場合もありますので、自分名義や家族名義であってもローン会社に確認することが必要です。

 

ローン会社・ディーラー・クレジット会社が名義の場合

 名義がローン会社やディーラー、クレジット会社になっている場合は車を売却することができません。

売却するためには、名義になっている会社の所有権を解除し、自分の名義にする必要があります。

その場合には残りのローンを完済することが必要です。残りのローンはご自身で支払ってもいいですし、車を売って入ってきたお金を使ってローンを支払うことも可能です。

しかし、車を売ったお金が残りのローンより上回っていれば問題ないのですが、下回っていた場合にはローンは残ってしまいます。

ローンがいくら残っていて、愛車がいくらの値段で売れるのか事前にしっかり確認することが重要です。

 

ローンが残っている場合、下取りと買取どちらがいいのか?

車を売ったお金でローンを返済したい場合には、複数の買取業者に見積もりをしてもらうことが重要になってきます。そのため、買取がお得という答えになります。

ローンが残っている場合には、少しでも高く買い取ってもらうことが一番重要だからです。

買取業者によって、欲しい車や得意とする車が違うため複数の店舗に見積もりをしてもらったほうがお得ということです。

場合によっては、何十万の開きが出る場合もあるため、まずは愛車の買取価格をしっかり把握しましょう。

愛車の価格を調べる!

 

車を売る時の悩みカテゴリの最新記事