車を安く買い取られないための防衛策

車を安く買い取られないための防衛策

 

1社だけの見積もりは危険!最低3社から

見積もりを1社にだけ頼むのは危険です。車買取業者によって欲しい車が違う場合がありますし、

1社しか見積もりしていないと知ると、色々と質問をしてきて不利にされる場合もあります。

相手はプロですので、場数を踏んでいます。

見積もり前に最低これだけはしよう!

車の臭いは絶対に消しましょう!そして、車内の掃除をしましょう!

車内が臭かったり、あまりにも汚いのは誰でも嫌ですよね。でも、お金をかけて業者に頼まなくても大丈夫です。自分のできる限りの範囲でやってください。

 

ここで注意です!

これから見積もりだから少しでも良く見せようと思って、自分で傷や凹みを直すのは絶対にやめてください!

たまに、自分で直した跡が見られることがありますが、素人が直した傷や凹みはすぐにわかりますし、中途半端に直されたものは減点ポイントになります。

それと、洗車もあまり意味がないのでしなくて大丈夫です。

売却希望価格を聞かれても絶対に答えない

相手はプロです。

こちらがどれだけ車に関する知識を持っているか確認するために、様々なことを聞いてくることがあります。

その中でも答えてはいけないのが、売却希望価格です。

大体の場合「いくらぐらいで売れたらいいなとかありますか?」などと言って売却希望価格を聞いてきます。

この時、素直に答えてはいけません!

例えば100万円になりそうな車を何も知らないお客様が「60万円ぐらいで売れたらいいですね~。」などと言えば

車買取業者は、このお客は60万円が希望なのか。じゃあ65万ぐらいにしておけば満足してもらえるな。と考えますよね。

なので、売却希望価格を素直に伝えるのは、デメリットはあってもメリットは絶対にありません!

聞かれても答えないか「そうですね、500万で売れたら嬉しいですね(笑)」と冗談でも言ってその場を切り抜けてくださいね。

そして、金額の交渉はこちらからせずに、複数社に見積もりを出してもらっていることだけ伝えましょう!

見積もり後、その場で契約は絶対にしない

見積もり金額に納得がいっても絶対にその場で契約はしないでください。

また、買い取ってもらった後に「事故車だった」「故障していた」などと言って最初に提示した査定金額よりも低い額を振り込んでくることもあります。

(※ 実際に知人に起きた出来事です)

このようなことを避けるために会話を録音しておくことをオススメします。

最後の確認!これは絶対に聞こう!

・契約した後に返金請求されたりしないですか?

・リサイクル料金は査定額に含まれていますか?

・自動車税の残月分は含んでいますか?

この3点は契約する前に必ず確認してください。そして、査定額の内訳もしっかり見せてもらいましょう。

見落としがちですが、重要なポイントです。そのためにも必ず会話を録音しておきましょう!

 

車買取の基礎知識カテゴリの最新記事